フィールドで見かけた虫を採ったり、撮ったり。
by kakkouka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体

伊豆諸島の蝶・昆虫
タイワンツバメシジミ
ヤマトシジミ
昆虫
その他の生き物
標本
植物
環境・景色
食べ物
気になったもの
ロボット
eco
映画
映画ベストテン
スポーツ
漫画
乗り物
クリックマ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:タイワンツバメシジミ( 84 )

下甑島のワンツ激減?

“ゆずりはクラブ 189号” にアリリン※が下甑島のタイワンツバメシジミの現状のことを書かれていました。「環境悪化により今後厳しい産地になるのはまず間違いない」と。実は一昨年、友人の蝶屋が下甑島に行くということで自分の知ってるポイントを紹介したのだが全く見かけなかったと聞きとても不思議でした。杉植林地や休耕田や狭い路などでない安定したポイントに思えるから、居なくなるはずがない。発生が遅れた年でも9月18日頃だと時期もピタリで外れてもいない。なんでだろ?あれだけ居たのに。自分が行ってた 2005・2006年は発生の波のいい時でラッキーだったってことだろうか? これはアリリンに昔いただいた標本。
f0161552_01965.jpg
[ヤクシマルリシジミ ♀ 和歌山県 御坊市 1985年3月3日 羽化]
※アリリンと書きましたが一度お話をしたくらいで 親しくさせていただいた訳でもなく、ヨシリン、ナリリン、ユズリン、みたく誰かが言ってるのを聞いたことも皆無。初めて文字にしました。ひょっとしたら怒られちゃうかも知れません。
[PR]
by kakkouka | 2014-12-06 00:03 | タイワンツバメシジミ

載ってねーじゃん!

以前、和歌山のワンツの標本を見たいと言った時に「大図鑑にいくつか載ってたかと思いますが」と言われた方がいらっしゃいましたが、大図鑑持ってないから返答に困ったことがありました。某掲示板の方々は大御所ばかりで大図鑑持ってる方がほとんどとだろうに誰も見せてくれなかったから皆さん不親切、とばかり思っておりました。

船の待ち時間に屋久島観光センターの蔵書が見れたからやっと確認。
載って無い!!!!…この2年くらい悩んだのはいったいなんだったんだろ。
わかったのはせいぜい私が掲示板にやっぱり向いていない、ってことくらい。

んーどこで和歌山のワンツを見ることが出来るのだろうか? 未だ不明です。
f0161552_13382690.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-10-15 08:19 | タイワンツバメシジミ

みいっか 遅れっの♪ 便りをぉ乗ぉせえて♪

いくっらぁ好きぃでっも あなた わぁあいいなあい〜っ♪

という訳で、この土日に行った今年のワンツは3日〜5日ほど遅れてたようです。下手すると一週間…でもこういう時に一週間後に再訪するとボロ多し、みたいなことになる。蝶採りはBestの時期を当てるのは難しい。一時はどうなるかと思ったが、たまたま50m離れた所に早咲きの立派な株が見つかったからそこそこ採集することができました。もし無かったら6♂の貧果になってたところ。あっぶね〜。
f0161552_2315207.jpg
※画像はイメージです。今回は撮影してないので。
[PR]
by kakkouka | 2012-09-11 22:46 | タイワンツバメシジミ

過剰白紋のワンツ♀

異常型は手元に残してませんが、こんなのを見つけたので撮りました。
異常型ではないが、この個体いい個。
f0161552_1225269.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-12 01:21 | タイワンツバメシジミ

沖縄本島の三角紙標本

本当に沖縄の?と私としては珍しく疑いつつ買ったことがあります。
なぜ疑ったか?ラベルに採集者名がなく、採集当時に採集者が作ったラベルでは無かったから。図鑑をつくられるような有名な方の御子息さんかお孫さんでも手違いが起こらないとも限らない。今は虫屋ではなさそうだし。本人の採集品でも有り得るのにおそらく在庫を処分されてるだけで、ご自分の採集品とは違うから手違いが起こる確率は高まるのでは…。ちゅうか、なんでこんなラベル?
[沖縄県 国頭村 1988年9月20日]
f0161552_123481.jpg

で、実物が手元に来てどうだったか?私が見る限り沖縄本島産に間違いはなさそうでした。 九州本土産の10月に希に発生する第2化の可能性が無いわけでは無いし、飼育個体の可能性が無いわけでもないですが沖縄本島産と考えるのが妥当。
昔、某標本商が1ペア1万円で売ってたらしいから? それかも。
取り越し苦労だったよう。ワンツとか興味ある種類は自信あんだけどな〜。
ギフなんかはよくわからないから恐くて買えません。買わないけど。
[PR]
by kakkouka | 2012-04-12 01:17 | タイワンツバメシジミ

沖縄本島のワンツ♀

ついでに貼っとこ。自分で採りたかったなー。

やっと島のワンツ回顧録終了。詳しくは忘れないうちに何かに書いとこっと。
[沖縄県 国頭村 1982年9月9日]
f0161552_1215828.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-11 01:20 | タイワンツバメシジミ

沖縄本島のワンツ♂

f0161552_246077.gif

これは、すげー頑張って買いました。
私が初めて八重山に行った時ご一緒させていただいた大明神が八重山に入る前に寄った本島で目の前で採集されたワンツなので。今にして思えば八重山に行くより頑張ってワンツを採集するべきでしたが、あの頃は早く行きたくウズウズして本島はもういいよ〜と思ってた。「たら」「れば」は言い出したらきりがない。

持ち主さんも手元に置いておきたかったでしょうが何回忌かの記念のための出版物を出すための資金調達のため?私が買うことができました。根性あるなー。

自分の死後は「標本なんかは全焼却でよい」とは思っていますが…こういうのなんかは残したいような気もします。[沖縄県 恩納村 1984年9月28日]
f0161552_22282183.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-10 00:10 | タイワンツバメシジミ

屋久島のワンツ

f0161552_0594146.gif
Mやくに通信にマップが描いてありましたが、あれはたくさんマップが載ってるようで、よく見ると数頭以上採れる所は一カ所のみであとは絶ったとこばかり。ワンツのマップなんぞは本来は発表するものではないから、仕方がないですね。
というよりもポイントマップが “悪” と見られるようになりポイントマップ自体がほぼ絶滅して久しいので反骨精神の表れかと。

ワンツの多い島だとは思いますが、昔の「佃煮にするほど採れた」とか「薄暗くなってヘッドライトで採ってた」とかの話は今は昔。
「アスファルトだとしだいに消える」というのはこの島の栗生で過程を観ることができました。いっぱい採れるものと思って訪れた最初の年は既に減ってたのだが採集できたポイントのシバハギが少なくなるのと同じようにワンツも年々少なくなり、数年後に覗いた時にはシバハギもワンツも確認できませんでした。

南部から西部の外周路のアスファルトを多数採れた頃のように剥がせば増えると思いますが。保護を何よりも優先できるわけでない限り意味のない意見ですね。

それでも発生地を変えながら、まだまだ多数のワンツが生息しています。しかも島の周り、西部林道の薄暗い世界遺産の外側の全ての地域に分布しています。

前にも屋久島のは貼ったけど再貼り![鹿児島県 屋久島 2009年9月26日 採集]
f0161552_16252845.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-10 00:09 | タイワンツバメシジミ

馬毛島のワンツ

f0161552_247368.gif


昨年の秋に種子島に行く計画をしたのは実は馬毛島に行こうと思ったから。
ただ現在の空撮をみる限り、開発のあまりの惨状に憤慨するばかり。

それでも予約した時点ではホームページで釣りの渡しが5000円で案内がありました。本当は個人の所有地だから行けないはずだが釣りだと黙認されてる?…ところが、やはりムリだったようで8月にはなくなってしまいました。

計画が一年遅かったかぁ。なので種子島行きのテンションはダダ下がり。今まで二回行ってるし天気が悪いし無理して行く気になりませんでした。
この標本で我慢しよ。[鹿児島県 西之表市 馬毛島 1981年10月5日 ♂]
f0161552_12552933.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-10 00:08 | タイワンツバメシジミ

種子島のワンツ

f0161552_105287.gif
「離島では多産する所もあるが九州本土は個体数が少ない」というのは、デマ。

九州本土は広いし圧倒的に個体数は多い!というのが本土を数年やってみた感想です。でも私もワンツをやりはじめるまではそう思ってました。誰のせいだ?
[月刊むし]も昔は激減のことしか書いてなかった。やっと○○○ ○さんがまともな投稿を[月刊むし]にしてくれたので皆のわかることになったのではないでしょうか。一旅行者じゃなく地元の方がちゃんと書くというのは説得力があります。

絶滅危惧種の一番危機的な I 類に指定して「各地で激減」と発するだけでは何もわからない。ワンツのことがわからなくて、いったい何をするのだ???
ちゅーかもっともっと地元の方がワンツの本当のことを発してくれんかなぁ。

離島で一番多産するのは種子島でしょうか? そんな気はします。
[鹿児島県 西之表市 種子島 2004年9月19日 ♂♀]
f0161552_1639211.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-10 00:07 | タイワンツバメシジミ