「ほっ」と。キャンペーン

フィールドで見かけた虫を採ったり、撮ったり。
by kakkouka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体

伊豆諸島の蝶・昆虫
タイワンツバメシジミ
ヤマトシジミ
昆虫
その他の生き物
標本
植物
環境・景色
食べ物
気になったもの
ロボット
eco
映画
映画ベストテン
スポーツ
漫画
乗り物
クリックマ
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今年の総括_目標⑥のアサマシジミの採幼

3年ぶりに群馬県の7市町村を覗きましたがあまり採れませんでした。
よく判らないのがナンテンハギの新芽の摘み跡もほとんどなかったこと。
もう採れなくなったから誰も採幼に来てない、ってことか?
6年の間に採幼した経験では減るような感触は無かったのだが…流行ってるとは聞いてたので避けてましたが、そんなにアサマブームって凄かったのだろうか?
f0161552_12472139.jpg

f0161552_12472223.jpg

中にはこんなことになってるポイントもあって大爆笑。こりゃ採れんわ!
道からだいぶ奥まった所だから人に見せることで作ったのでなく練習用か。
白いシバザクラで「ようこそ」とありました。
[PR]
by kakkouka | 2009-12-31 12:47 |

ワンツ、その他の赤紋個体。

例年、これらのレベルは一頭採れるか採れないかくらいですが今年は多かった。
天候不順が原因?タイワンツバメシジミは冷夏だと発生が早まります。2003年は冷夏だったものの8月に暑い時期がありました。でも今年は暑い時期が無かった…ひょっとして夏を認識できず発生が早くはならない?悩みました。 結果は例年通りでしたが、その異常気象のおかげで赤紋が多く見られたのか?と疑ってます。
スレ、欠け、ボロは採りませんがこれは採ります。いずれも今年の鹿児島県産。
f0161552_0123448.jpg
f0161552_0124884.jpg
f0161552_01389.jpg
f0161552_0132626.jpg
f0161552_0134089.jpg

[PR]
by kakkouka | 2009-12-23 00:07 | タイワンツバメシジミ

今年の総括_目標⑤のタイワンツバメシジミ

目標②の八重山、行けば採れると思ったタイワンヒメはダメだった。
目標③の行ったことなかった島、黒島のことは書きました。
目標④の福江島のウラギンスジヒョウモンは遠征費が…今年は断念することに。

そして、目標⑤ 行きました。自慢の逸品です。
その中で一番の男前。薄く赤紋が出るのはたまに出ますが、今まででダントツ。右の触角が失敗したので、それでも喜んでくれる奴に進呈いたしました。昨年の紋流れに続き“大事なのに限って失敗する”というのは今年もいきておりました。

f0161552_10122093.jpg

[PR]
by kakkouka | 2009-12-22 10:11 | タイワンツバメシジミ

ワンツ採集旅行中の風景

昨夜「NICU」のドキュメンタリーを見ました。早産で未熟児で生まれる率が昔の1.5倍になり、NICUに入るものの高度医療のおかげで植物状態で入ったまま何年も出られなくベッドが足りない。そこを出たとしても その後の施設も不足してるという話。軽々しく意見できませんが正視できない映像もあり少し驚きました。

九州にワンツ採集に行った時に阿久根市を通りましたが、ここのシャッター通りは強烈な印象でした。なぜ?か、今年解りました。ここのシャッター街の上に屋根のように作られたモノがずーっと続いて強調してる感じ。凄い存在感。
シャッターが無くなった更地でも続いてるので、とても重く暗い気分に。
f0161552_16541323.jpg
阿久根市の市長がまた世間を賑わせてるようです。ブログは見たことないけど、福祉か医療か? などの問題提起をしてるように思えないのはなんでだろ?
みんなが「ヒィ〜〜」となることをワザと言ってる?性癖じゃねーの?と疑ってるからかなぁ。まさかワザと屋根を残してたりして?
[PR]
by kakkouka | 2009-12-22 02:09 | 環境・景色

モンシロチョウのクイズ

一昨日、TVで認知症のテストでこんなのがありました。パネルにイラストがあり出題者が問うて回答者が声をだして、まずは覚える というもの。
「この中に動物がいます。どれでしょう?」「ライオン〜」と皆が声を出します。私は多少はひねくれてはいますが、その場にいたとしても「テントウムシも分類したら動物じゃん!」と言ってワザと食ってかかるようなことはしません。
f0161552_1504046.jpg
大昔 クイズタイムショックという番組。前週のチャンピオンへの問題でした。
「モンシロチョウの幼虫の好物は?」オバサンは少し悩んで「アブラナ科?」と答えましたが、正解は“キャベツ”でしたから不正解のまま終了しました。
あ〜どうなんやろ?正解にしてあげてもいいのでは?
あ〜でも農薬のかかってないキャベツ畑でモンシロチョウが群れてるのはよく見るけど、イヌガラシの群落でモンシロチョウが群れてんのは見たことないな〜
「キャベツ」が正解でいいとは思います。が、もし自分なら食ってかかるかも?
[PR]
by kakkouka | 2009-12-18 01:49 |

今年話題になった昆虫No.1

ルソンカラスアゲハ。
もちろん私は外国の種類に興味ないから持ってません。ボカシてるのは拾い画像というのがバレないようにとの処理。ふぅ〜たいへん。
「なんでこれがワシントン条約の Ⅰ 種?」というのは、いろんな方が昔からおっしゃってましたが、最近やっと知ることとなりました。
な~る~ほ~ど!スキー複合やジャンプ競技の板のルールが変わったのに似てる!
ワシントン条約の昆虫類の指定は希少種というより政治的なことで決定されている、というのはこういう意味かぁ〜。やっと理解です。

f0161552_039556.jpg

ミンドロカラスのことは万一のことがあってはアレなので、黙ってましょうね。
[PR]
by kakkouka | 2009-12-09 00:38 |

ポリティカル・コレクトネス的な

本日、ネットのニュースで“障害者”の新しい名称を募集、と出てました。
なんでも“害”の文字がひっかかるとか。いい名称になるといいですね。
虫の名前も 早く時代に合わせないと!でないと一般の人からどん引きされる?
メクラ チビ ゴミ ダマシ はout! クサ ニセ クソ フン オニ コブ もout!
モドキ も…これは残したいのだが。う〜んダメかぁ
どのみち和名が変わった所で覚えれないのでバンバン変わっても大丈夫です。
f0161552_18492464.jpg
※もういまさら覚えれない キイロウスバアゲハ。
[PR]
by kakkouka | 2009-12-02 18:45 |

事業仕分的な

“誰がやるか”と同時に誰にアドバイスを貰うか?というのも大事。
例えば超大御所の教授みたいな方だとムニャムニャと思うのは偏見でしょうか。
武道としての柔道なら10段の方から教えを受けるのはよいでしょうが、国際大会のスポーツとしてのJUDOなら4段の方から受けた方がより実戦的かと。
…すげぇ〜上手いこと言えたような気がする。
オガサワラシジミに予算を付ける立場なら内容が解らないので“廃止”としか言えません。どれだけ保全が大事かとか貴重種だとか有名人に力説されても意味無し。やる人の人選は採集者から選ぶと反発がありそうだから 採集者以外ですかねぇ。
ecoボランティア?100%失敗が見えてるものに金は出せん。 やっぱ廃止で。
f0161552_11514419.jpg
↑は、私の来年度の予算。というよりテンション。
[PR]
by kakkouka | 2009-12-02 11:51 |

飼育と放蝶

オガサワラシジミの繁殖に失敗したと、先日ニュースが流れてました。
この飼育の内容は どこかで知ることが出来るのでしょうか?
そもそも目的は“飼育品の放蝶”で良かったっけ?解らないことだらけだけども
種の保全なら、私は“飼育品の放蝶”は逆行してると考えます。
わざわざ多摩の昆虫館で飼育して、増えたら父島や兄島にでも放つ計画?
母島なら大問題ですからね。遺伝子汚染による種の弱体化の可能性があり心配。
飼育上の年間の食樹の代替植物がどれだけ解ったのだろうか?
どんな飼育結果か?が一番知りたいところ。読み物で出るとは思うけど…
“誰がやるか”は重要。
顔写真が出てた二人のうち、一人は蝶屋さんではない?まさかね。
国や都から補助金が出てたりして? まさかね。
f0161552_11485520.jpg
画像は日本産蝶類標準図鑑の写メです。
[PR]
by kakkouka | 2009-12-01 11:43 |