フィールドで見かけた虫を採ったり、撮ったり。
by kakkouka
カテゴリ
全体

伊豆諸島の蝶・昆虫
タイワンツバメシジミ
ヤマトシジミ
昆虫
その他の生き物
標本
植物
環境・景色
食べ物
気になったもの
ロボット
eco
映画
映画ベストテン
スポーツ
漫画
乗り物
クリックマ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

映画[惑星ソラリス]の話し合い

反対に原作者と話し合いの場ももうけたけど大喧嘩になった作品と言えば、これ。Wikipediaには激しい口論の末に「お前はバカだ!」と言い放った。とありましたが、他の紹介では「この白痴めが!」と。たぶん、こちらが正しい翻訳。
ソ連っぽいし。ポリティカル・コレクトネスを気にして、色々配慮なんかすると翻訳がユルくなって、ニュアンスがいっこも伝わらないのでは?
過度な言葉狩りや必要以上に配慮する風潮は、ほどほどにしてほしいです。

十代の頃SFが流行ってたので人間型でない宇宙の生命の概念もすんなり。
タルコフスキーは苦手でもこれは大好き。寝たけど。また観たくなってきた。

f0161552_095859.jpg

2003年にリメイクされた時、原作に近いとのふれこみだったので[ソラリス]をワクワクしながら観に行きましたが、酷い出来でガッカリでした。
[PR]
by kakkouka | 2010-01-19 00:08 | 映画

チョウ類保全News5

年末に少し文献を整理してたら出てきました。
改めて読んだら、オガサワラシジミの現地での環境保全はやっぱ大変そうです。
飼育のことも少し書いてありましたが「年間の食草の確保が大変」と、やる前から解ってるようなことしか書かれてない。これなら私でもやらないでも書ける。
大温室に放ったのは楽しそう。早く、これ以降の解ったことが知りたいです。
f0161552_21172833.jpg

先日、佐渡のトキが石川県に行きました。危険回避のための分散飼育だとか。
オガサワラシジミもわざわざ多摩くんだりで飼ったのは、そんな発想だった?
増えたら“雨後のタケノコ”のように増えた全国の蝶館で分散飼育?
自分が蝶館の経営者なら、ぜひやりたい。
[PR]
by kakkouka | 2010-01-14 00:53 |

クリント・イーストウッド vs スパイク・リー

舌戦は終結したようです。リアルタイムで読みたかったなぁ〜
事の発端はスパイク・リーが[父親たちの星条旗][硫黄島からの手紙]は人種差別映画だ!との発言にイーストウッドが「たわけ!」と返して始まったよう。出ている黒人が少ないというスパイクリーの指摘は、てっきり[父親〜]がネイティブアメリカン問題を一つの柱にしてるので、人種を際立たせるため黒人があまり画面に出てない演出?と思ってましたが違いました。その頃の黒人兵士は1%弱だったとのこと。なんじゃい!喧嘩になんね〜じゃん。スパイク・リーにしてみれば騒ぎが大きくなれば目的達成かぁ。自分の新作が戦争物やし宣伝かよ。
それより、黒人解放運動映画ばっかでもいいのでスパイクリーさん、観たくなるの撮ってくださいな。最新作は題名だけでもあざとさ全開やし。期待してます。
f0161552_282412.jpg
南硫黄島は虫がいないようなので行く気持ちは失せてしまいましたが、硫黄島にはホリイコシジミを採りに行ってみたいです。母島で時々ホリイコが発生するのは硫黄島に居るから、ってのは常識だったっけ? 大明神の推測だったかも。
[PR]
by kakkouka | 2010-01-13 02:07 | 映画

映画[CUBE]のサヴァン症候群

これには瞬時に素数を計算するサヴァン症候群らしき青年が出てきます。
思わず声が出てしまう“トゥレット症候群?”もネタに加えられてて驚きました。
f0161552_224094.jpg

アメリカ映画は、いつの頃からか短気で怒りっぽい黒人は描けなくなりました。未熟な白人青年の指南役みたいなんばっか!この映画で久し振りに瞬間湯沸かし器みたいに短気で粗野で暴力的な黒人を見て、お!と思たらカナダ作品でした。
[PR]
by kakkouka | 2010-01-13 02:01 | 映画

映画[母なる証明]の発達障害

貧乏人は大声で騒ぎ、金持ちはふんぞり返る。ポン・ジュノの作品はいつも韓国の恥部になることもパワフルに見せてくれます。緊張感の見せ方もいつも絶品。
でも日本でTV放映はしてほしくないです…立ちションもヨダレも大丈夫ですが、
ダウン症が仰々しく出てくるので圧力団体からの攻撃に合うかと思われるので。
万一、ポン・ジュノの映画製作に支障がでるようなことになれば映画界の損失。
韓流のオバサン達はウォン・ビンしか見てないから気が付かないだろうけど。
f0161552_1501671.jpg
昔「障害者の人は自分を傷つけることはあっても他人を傷つけることは無い」と力説してる娘がいました。私は『ロボット3原則か!』と思いましたが、意見しませんでした。大阪の歩道橋から子供を投げた事件はどう思ったのだろ?通学の痴漢対策に千枚通し握りしめ電車に乗ってた彼女が、元気にしてるか心配です。
[PR]
by kakkouka | 2010-01-13 01:48 | 映画

サヴァン症候群?山下清の[蝶]の絵

芸術家であるとは思います。が、バシロの翅脈を野外で見て家へ戻って描けるなら、そうかも知れませんが初期の頃の絵に精密なのは一枚もありません。精密な絵は後期に有名になって人が数人付き、描かされだしてから。芸術に秀でているだけでは、その病名と違うと思うのだが…。でも世間ではそう言われてます。

f0161552_2161829.jpg

[PR]
by kakkouka | 2010-01-12 21:05 |

千葉県のシルビア飼育

たくさん産んでくれたので、いっぱい羽化しました。
50♂と100♀と比率が見事に 1:2 。ということは、ボルバキアが疑われます。
右下のは地色が濃いし♀ですな。
f0161552_0105546.jpg

[PR]
by kakkouka | 2010-01-04 00:10 |

昨年の目標_⑦ 千葉のシルビア

千葉県の方と知り合いになれたので案内していただき、採ることができました。
春型はあまり採れないものと思ってたので、数採れて嬉しかったです。
今まで“土手ビア”しか採ってなかったから“房総ビア”は意外な環境でした。
f0161552_19531858.jpg

[PR]
by kakkouka | 2010-01-02 19:53 |