フィールドで見かけた虫を採ったり、撮ったり。
by kakkouka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体

伊豆諸島の蝶・昆虫
タイワンツバメシジミ
ヤマトシジミ
昆虫
その他の生き物
標本
植物
環境・景色
食べ物
気になったもの
ロボット
eco
映画
映画ベストテン
スポーツ
漫画
乗り物
クリックマ
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

映画[アメリカン・ビューティー]

私がちゃぶ台を、ていっ!てやりたくなる衝動に駆られる問題。

[幻蝶]のストリッパーの娘が親代わりの座長に身体を売ってこいと言われて来たのだが、実は男性経験は無いというシチュエーションっていったいなんだろ。
実は無垢みたいな?意外にみたいな?どうもそういう設定は苦手とするところ。
f0161552_16304391.jpg
この[アメリカン・ビューティー]の中年男主人公を誘惑する少女が実は[処女でした]問題と同じ。でもそれがあったところでつまらないワケではない。

f0161552_16402283.jpg

一方こちら[小悪魔はなぜモテる?!]の娘はモテないマイノリティー達のいじめられて差別されてるクラスメイトを助ける意味合いもあって、承知で「ヤリマン」呼ばわりされるのだとか。彼女みたいな変な娘だったら「実は処女でした」も、なんの違和感もありません。映画評論家の町山さんが紹介してた時は[eazy A]だったがこんな邦題で公開されてたとは。直訳すると「ヤリ×ンなんて簡単」みたいなこととか。さすがにそれでは公開できないだろうから、仕方ないですね。
今度見てみよっと。

ちょうど[ゴースト・ワールド]の変った娘が「実は…」と言うなら許せても
[あの頃ペニーレインと]の艶っぽい女の子が言うのは許せないのに似てる。
[PR]
by kakkouka | 2012-03-28 09:47 | 映画

舞台[幻蝶]_映画ファン的視点の感想

映画は年に10本観る程度の映画ファンですが舞台は過去一本しか知りません。
以前こんな話を聞いたことがあります。どっかの舞台でSFだったか?大掛かりな舞台装置で、舞台をよく観に行く人はめちゃめちゃ金がかかってるだろうからと感心したとか。ところが子供はアトラクションに慣れてるせいか?映画に慣れてるせいか?あまりのチャチさにガッカリだったとか。なので何視点か?は重要。

f0161552_2324442.jpg

で、感想。これだけ蝶屋をちゃんと描いてたとして、楽しいコメディになってたとしてもまだ何か物足らない。うまく言えませんが「信じることは大切」のワンフレーズで2時間超を押し切ることにムリがあるような。[胡蝶の夢]の引用も唐突でうまくいってると思えない。女の人の絡ませ方も…いや 有り難いんですよ、すぐ味方に付いてくれたり実は斑紋が解るほど蝶が好きだったり…でもなー。

それならいっそ二部構成にして二部でジゼルみたいな幻想的なバレエの舞を見せてくれた方がよかったかも。中年の蝶屋は熊川哲也に似てるような気もするし入れ替わっても私は最後列で見てたから気づかないだろうし♀は草刈民代でいいんじゃね?…て、バレエ観に行けよ!になっちゃいますね。 まぁ安易に幻想的にすると私なんかワケワカメになるので、これで良かったのだと思うようにします。

舞台は一つしか知らないので、それとの相対的な比較しかできませんが私的には
夢の遊眠社の[贋作・桜の森の満開の下]初演の面白かった指数が 9だとすると
この[幻蝶]は甘く付けて、面白かった指数は 5 くらいの感じ。ではありますがなんやかんや書いたけど、それなりに楽しめました。
[PR]
by kakkouka | 2012-03-26 01:14 |

舞台[幻蝶]のファッション

このスチール写真はお洒落です。ターゲットが女性だから当然か。
f0161552_18511286.jpg

f0161552_18571614.jpg
フィールドでのファッションもまるでBE-PALから抜け出してきたよう。
蝶屋にはなかなか居ない。もちろんちゃかしてなどいません。お金のある方はこれくらいのファッションくらいしてほしいと思ってます。単眼鏡も持ってる人は知らないが、スタイル提案として受け入れてもよいのではないでしょうか。

虫屋のファッションって、せいぜいギフ採集に発色の良い青い服を着ていくか、迷彩色を着ていくかというのしか聞いたことがないもので。
そう言えば大昔、奄美大島を汚いズボンと塩が噴いたボロTシャツに手ぬぐいというドロドロの姿で歩いてたら地元民に間違われたようでワゴン車が近づいてきて
「この大きさの車はハブセンター駐車場に停められます?」と聞かれたことが。

ここまで蝶屋をオシャレにしてくれて文句などあろうはずがない。
なんか、もうすいません…みたいな。ちょうどタモリだったか? 閣下のお見舞いに行った時に病床でいつもの完璧メイクで「我が輩は〜」と閣下がキャラを崩さなかったのを見て近くにいた母親が「ほんとうに、もうすいません」と恐縮して言ってたのと同じくらいのすいません。
[PR]
by kakkouka | 2012-03-24 12:24 |

舞台[幻蝶]のキャラ

f0161552_1504732.jpg

左から、まず中年の主人公:猛者で破天荒な採集者は今まで虫屋表現には無かったキャラ。それだけでも評価しなくてはなりません。昆虫採集を不気味な雰囲気づくりにしか利用しなかった過去の作品群を思うと、感慨深いものがあります。

若い主人公:TVドラマでもよく見る引きこもりのオタク表現を含め私は不満に思ってます。これだと内気なキョドってる若者じゃん。変だと思うのは、飼育屋なのに標本を作ったことがなく針を刺したこともないこと。あり得ません。飼育屋だけど成虫になったら窓から全て逃がすというのも今どき無い。擁護するならこの舞台の観客は女性が多いので完全な蝶オタクにしてしまうとドン引きになるため、緩和材という役割を担っているという風に解釈することにしましょう。

土地所有企業のOL:女性の観客は怒らないかなぁーと心配になりました。

ストリッパーの若い女の子:え?お前は[アメリカンビューティー]か!と。

取り立てのチンピラ:6人の登場人物で一番影が薄い役でした。

蝶のブローカー:ちょい役にもかかわらず今回一番感心したキャラクター。
つまり主人公2人は想像して人物像を構築してゆくことは可能だと思うのですがブローカーをこういうふうに捉えるというのは本当に知ってないと描けないからです。知らないとどうしても金がからむ暗部として描いてしまいがちかと。こんなふうにトップクラスの採り屋と対等だという感覚は出せません。相当な知識量と海外でのヤバい経験の数々、トップクラスの採り屋との距離感も理解度も的確。ノリや調子いいとこなんかデフォルメしてるとしても、ほんとに居そう。
[PR]
by kakkouka | 2012-03-23 00:37 |

舞台[幻蝶]のシロギフの生態

見慣れない右下のがシロギフみたいです。
f0161552_1844946.jpg
ギフチョウは里山限定の蝶として話が進みます。
途中「二次林の蝶という思い込みはいけない!」みたいなセリフがあるのですが二次林の蝶という取材をしたためか?結局二次林に固執されるのが少し残念。

ギフは原生林にも居るし、むしろそっちが本来の生息地の可能性もあったのでは?日本の多くの森林が二次林になったためギフの生息地が一気に拡大したんじゃなかったっけ。それに「開発が頓挫した所に発生してるかも!」というのはムリがあるような???森林を刈っただけでは里山と同じ環境になるわけもないし。
手が入り続けない限り里山環境にならない。作者は自然には興味なさそうです。
ちゅうか、里山至上主義ブームがこんな所にまで波及してたというわけですね。

気になったのはシロギフチョウの飛び方。ひらひらと♂と♀が上下にくるくる絡みながら、アゲハチョウみたいな飛び方ってどうよ…ギフはそんな飛び方はしない。でも舞台だからギフみたいにボタッと落ちるのは愛想無いから “ひらひら” しててくれてて何も問題はありません。
[PR]
by kakkouka | 2012-03-22 00:03 |

舞台[幻蝶]_チョウ屋的視点

まずハッキリさせておくと私はこの舞台に肯定的な立場で文句などは一切無い、なのでこまかなツッツキをしたとしてもささいなこと ということです。

f0161552_14295915.jpg

42cm口径スプリングの網を使ってた意味は判明しました。若い方の主人公は飼育屋で採集をしたことないから網を振り回した時にへしゃげるヘタレ演出のためでした。でも一般人には大きな網に見えようとも、やっぱ虫屋が見ると小さい。

ちなみにこのシーンは幻のシロギフチョウを若い主人公が見つけ中年の主人公が「どけ!俺が採る!」と言うシーン。元法務大臣が自分とこの飼育人と採集に行った時のセリフと同じ。…と以前聞いたことがあったような?無かったような?
昔のことなので忘れました。

途中にブローカーに手持ちの貴重な標本を売るシーンがあります。
大雪の真っ黒なクロオオイチ、キマルリのシマウマ型、ユキワリツマキ、秋山郷のギフしかもペア、などの大珍品を採集地に持ってきてそれぞれガラス蓋小箱に入った標本をブローカーに手渡し…って採集地に標本を持って来るってどうよ?
桐のインロー箱じゃぁないんだ。
でも舞台なので観客に解り易い演出にしたということでOK。残念なのは、むしろ秋山郷のギフの価値を知らなかった私の方。秋山郷にギフを採集に行く話は聞いたことはあったが知らなんだ。どれも大珍品だけあってひとつも持ってません。
[PR]
by kakkouka | 2012-03-22 00:02 |

舞台[幻蝶]の予備知識

今まで舞台は一回しか見たことないですが蝶屋の物語なので行ってみることに。

紹介コピーは「カブトムシをやってる人をカブトムシ屋、クワガタをやってる人をクワガタ屋、トンボをやってる人をトンボ屋と言い、蝶をやってる人をチョウ屋と自らが名乗る」みたいな。フムフムフム。ちゃんと取材してはいるのだな。

でも「クワガタをやってる人はクワガタ屋」は解るのだが「トンボをやってる人は」って標本にすると色の劣化が激しいからあまり聞かないが…当然種類も多いしいらっしゃるのでしょう。でも「カブトムシ屋」って居るのか?自分は甲虫に詳しくないが、甲虫屋、カミキリ屋、フンチュウ屋、オサムシ屋、ハナムグリ屋、なんかは聞いたことあるし、少ないと思うカメムシ屋さんも知ってるけどカブトムシ屋?そんなのは無いのでは?日本には沖縄亜種があるのは知ってるしクチノエラブ島の亜種が新記載されたのくらいは知ってるし、コカブト、クロマルコガネはカブトムシだっけ?ヤシの害虫のサイカブトで沖縄大迷惑くらいは知ってるが日本のカブトムシは種類少な過ぎてカブトムシ屋なんか居ないのでは?海外?

それにブルー色の網は取材したからでしょうが、ギフチョウの採集で42cm口径のスプリング?その時代だと網の色が青い人は居ないと思うのだが…ちゅうか現代の設定ならトップクラスの蝶屋でギフの採集にスプリングのアミは無い。

なので行く前はとても不安。高額入場料だけど、大丈夫なんやろうな?でした。
f0161552_045014.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-03-21 00:28 |

映画[マディソン郡の橋]

巷で流行ってるメールの内容を聞いた時は「ネタに決まってる」と一笑に伏せたことがありました。中坊が考えたものだと。

「もうバッテリーがないよ
痛いと言わなくなったので
妹はさっき死んだみたいです。(T。T)
埼玉はだいじょうぶですか?
またお父さんと一緒に
ディズニーランドに行きたかったです
お父さん 今までありがとう
だいすきなお父さんへ
本当にありが

享年 長女17才 次女14才 」というやつ。

ところが、さきほどググったところ感動してらっしゃる人が多くてビックリ!
「捏造疑惑もあるようですが命の大切さをあらためて考え…」の意見にも閉口。
みなさん、純粋です。

中坊のちょっとしたイタズラでもなんでもなく、どう見てもこの尼がガッツリ自分の本を売らんがためのプロモじゃん。

f0161552_1314741.jpg

映画[マディソン郡の橋]の原作も捏造疑惑が盛り上がったことがありました。
原作者vs原作のファンみたいな構造になって大騒ぎになったとか。確かに台所に立ってお皿を洗ってくれる男性に田舎のおばさんはうっとり、みたいなあざといエピソードも抑制が利いたイーストウッドの演出により名作になってたような…

原作者はあまり人に好かれるようなタイプではなく、ちょっとアレな方で CBSドキュメントだったか?うんざりしてインタビューで最後にこうのたまわれました
「儲けた者の勝ちじゃ!」そんな[マディソン郡の橋]の思い出。

気仙沼のこのメールに似ている。あーでもマディソン郡の橋は「裏切られた!」と大騒ぎになった末広まきこ問題の方に似てるのかも?
[PR]
by kakkouka | 2012-03-16 01:28 | 映画

自分が悪いのか?問題

もう年なのだが、例えば時にジャンクフードを食べたくなる。で、コンビニでケチャップがべっとりのナポリタンを食べたくなって食べるのだがジンマシンが必ず出るのでてっきり付いてるソーセージの保存料?添加物?みたいに思ってました。でもこの前の「茶のしずく石鹸問題」の記事を読んで、小麦ってこともあるかも? と考えるように…。原因はまだよくわかってません。

私はかなりの過敏症体質のようで昨年詳しく調べた所、杉、ダニ、ハウスダスト以外にも多くのアレルギーがあることがわかりました。ヒョウヒダニとか色々あったけど忘れた。杉花粉を今まで“目の敵”にし“緑化運動”もバッシング、グリーンジャンボも買わないようにしてたが…自分の過敏体質のせいで自分が悪いのかも?

f0161552_16574049.jpg

今回から宝くじは前後賞会わせて5億円になったようです。この絵は皆のそれぞれの心の中にあるユートピア? もしくは桃源郷? もしくはシャングリラ? もしくはニライカナイ? モンキチョウと他は……ナニ蝶だろ?きっと鱗粉なんか飛ばしたりはしないみんなの心の中の蝶かと思われます。エキノコックスもなさそう。
都市とecoの共存かな?

いま、目が真っ赤で猛烈にかゆいから機嫌が悪いという話です。
[PR]
by kakkouka | 2012-03-15 01:23 |

自分がズレてるのか?問題

「カノン」という名はキラキラネームだと思ってました。
ノエル、キララ、セピア、ジュエル、ルシファ、などと同じかと。でも職場のいつも毒舌な女性が「可愛い名」と言ってたから私の感性が古いだけなのかも。

たしかに三十数年前は、リサ、ジュリ、など「婆になってもその名だよ!」と言ってたけど今となっては変でもなんでもない。…ような気がする。価値観なんて気づいたら変わってることも多いからなぁ。世の中に付いてゆくことは大変です。

f0161552_1403239.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-03-14 20:58 | 映画