フィールドで見かけた虫を採ったり、撮ったり。
by kakkouka
カテゴリ
全体

伊豆諸島の蝶・昆虫
タイワンツバメシジミ
ヤマトシジミ
昆虫
その他の生き物
標本
植物
環境・景色
食べ物
気になったもの
ロボット
eco
映画
映画ベストテン
スポーツ
漫画
乗り物
クリックマ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

映画[運動靴と赤い金魚]

イラン映画2本目。[別離]を観たノリでみてみました。
そんなきっかけでもないと、なかなかDVDを借りて見る機会はできません。

映画秘宝の方々がこういう作品をケナすのは
「あれしょ?その珍しい土地の風土の中に子供があざとく出てくるやつッしょ?それよりもピラニア フゥ〜〜〜!」というもの。私がイマイチ丸々信用、とはできない理由でもあります。[ピラニア]は面白かったけど。

[別離]の冒頭「こんな未来の無い国を捨てて海外に移住したい」ということが政教一致の独裁国家でなぜ言えたか?なぜ貧困を描けたか?は一見子供の可愛さに焦点あててるテイでつくったこれらの作品の道筋のおかげだと思っています。

そんな社会背景だから映画が面白くなるわけではないが、そのケナし方は下品。
グルジアとロシアのニュースも知らないで「満足」と解説したバカと同じ。
f0161552_2492045.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-30 02:43 | 映画

映画[جدایی نادر از سیمین]

本年度アカデミー賞の外国語映画賞、それ以外にも世界中の賞の受賞の数々。
つまり世界中の方がオススメしてくれてる本作、行って来ました。

原題で検索した時に文字がコピペで右からになるのも知らなかった国の映画。

映画[アーティスト]は純粋な方は楽しめると思いますが私はムリでした。でも
こちらは圧倒的に見ごたえがあって楽しめました。80年前ではなく現代に観るなら、こちらの方がはるっかに面白いのでオススメです。感想は後日書いてみよ。
f0161552_14531721.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-23 00:07 | 映画

映画[レニー・ブルース]

松嶋×町山 未公開映画を観るTVでやってた[Why We Laugh]をみました。

白人が黒墨を塗って黒人を演じるミンストレル・ショーから始まったアメリカの黒人エンターテイメントの歴史。前編はスタンドアップコメディ史を駆け足で紹介。「ウスノロのマヌケヅラ」という黒人像を強調するため、ダークスキンでなかったため黒墨を塗り白人に笑われるために初めて黒人役を黒人が演じることから始まった黒人タレントの歴史でもあります。今はリスペクトされていますが、当時の反応は相当なものだったろと想像。初の人気番組へのテレビ出演、初の黒人主人公、初の冠番組、などいろんなパイオニア達の初を経てエディ・マーフィにまで繋がって行きます。 …エディ・マーフィがスタンドアップコメディの出身だというのも知らなかった。今晩は後編。

私が知ってた名前はレニー・ブルースだけ。スタンドアップコメディと言えばこの人だったが、ようは映画を観たから知ってただけの話でした。
私の中であえてモノクロ作品、頑なな人の転落人生、作品自体がカッケーという[レイジング・ブル]と同じ引き出しに入ってます。ブル3部作ではない。
名作。
f0161552_1395587.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-20 01:01 | 映画

サイレント映画[ナポレオン]

[戦艦ポチョムキン]とかチャップリンの[キッド][黄金狂時代]とかのサイレント映画は観てるのだが、弁士付きではないし、楽団が付いてたわけでない。

唯一 アベル・ガンス版[ナポレオン]はオーケストラ付で観たことがあります。
日本での上映は作品完成して56年後の1983年に東京で3回、大阪で3回、名古屋で2回、福岡で2回、札幌で3回あったとか。トリプル・エクランは迫力ありました。

30年前の値段が8,000円でパンフが2,000円で非常に高価なものでしたが、フランシス・フォード・コッポラ企画のお父さんのカーマイン・コッポラ楽団でレアな感じだったので行きました。ちょうど沖縄本島のワンツが標本商のリストに出たらそんなにワンツに興味がなくとも買っちゃうような感じでしょうか。

上映困難なので、てっきり幻の作品になってるものと思ってたらDVDが出てた。
絶滅種?と思ってほくそ笑んでたら一時発生して所持者が多かった、みたいな。
劇レアと思ってたのに……チッ、つまんねーの。
f0161552_1774177.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-20 00:17 | 映画

ズン壁

その大友克洋GENGA展の「ズン壁」で写真を撮りたかったのですが、大人なので我慢。その横の有名人限定の?落書き壁には著名な漫画家などさまざまな有名人らしき方々がいろいろ描いてましたが、7個以上の「ズン」を発見できました。
かわうそくん、うさぎ、ネコさんなんかが「ズン」されてた。私も漫画家だったら描いてたのに〜残念。仕方ないので自分のブログにズンをかいとこっと。

f0161552_1421491.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-18 00:25 | クリックマ

大友克洋GENGA展

観て来ました。
人数制限されてたので見やすかった。カラー作品多数に漫画 AKIRAの全原画。
もとのサイズは そんなに大きくないから、あらためてその緻密さに驚きです。
漫画の原稿なんて、もっとぐちゃぐちゃしてるものと思ってたけどすごい精度。
童夢原画は重要なシーン40見開ほど。チョウさんの宝物も顔UPもありました。
エレベーター前のはじけた後のあの見開きシーンは原画は2色で描かれてあり
※赤色の部分はベタに近く調子残す。という印刷への指示も残されていました。

年齢層がいくつくらいか想像つかなかったですが、ほぼ若い方々ばかり。

美術館とかもあまり行かないが観るだけで足がけっこう疲れるものなんですね。
でも楽しかったです。
f0161552_14501295.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-17 00:14 | 漫画

映画[アーティスト]

残念なのは淀川長治さんが前に言ってたトーキーという機能が加わるだけの話とちがい、映画人は誰も『もう映画は終わった』と思ったという時代感が無かったこと。たんなるサイレント映画スターの我が侭になってる。もう今は古きをよく知る淀川さんみたいな映画評論家は日本には居ないので…てゆうか映画評論家自体日本に一人も住んでないので解説してくれる人がいなくて残念。

物語は分かりやすくてシンプル。作るのがとっても楽しそう♪ アイデア賞もの。
サイレント全盛期に観たらラブストーリーに感動してたと思います。80年前だとまだ私が液体にもなってない頃。なので80年前に観たとしたら、オススメです!

f0161552_1585723.jpg

「液体にもなってない頃」というのは淀川さんがラジオでよく使ってた表現。
TVしか淀川さんを知らない方は“映画愛”とやらで けっして映画をケナしたりしない、と思ってる人もいるのだとか。意外。ラジオではズバズバと貶してたし基本お話しが上品でエレガントでも、お下品な発言も多く面白うございましたです。
[PR]
by kakkouka | 2012-04-14 00:36 | 映画

さくら鑑賞

映画[アーティスト]を昨晩見て来ました。
封切りして一週間経つのですが、劇場でマスコミ関係のイベントがありミスユニバースの原さんとぐっさんが招かれて舞台上で紹介したり、30分で覚えたタップダンスを披露したり…最初は謙遜して30分しか練習してないと言ってると思ってたら本当でした。振り付けも全く憶えてないからタップがどうのという話ですらない。タップダンスの先生も来て見本のタップも踏んでましたが二人をフォローするため?簡単おちゃらけタップで二人にパーフェクト!と連呼するのみ。しかも関係者多数の【さくら】動員のため後方隅の座席に追いやられたから、原さん遠くてよく見えねーじゃん。で、見たくもないタップを見せられ、手拍子を要求され、拍手を要求され、上映が始まったのはマスコミがはけるのを待って上映開始時間から38分経ってから。さすがに頭にきました。

いいかげんにしろ!何なんだ! 評価は3点です、3点!!! 百点満点中の!

f0161552_1241474.jpg

近くの席では上映中ずっと鼻をすすってる女性がいて時々つっかかってるのを通そうと強くすするのだが抜けないから何度もチャレンジ。音楽は流れているのだが、サイレント仕様なので劇場に響き渡っておりました。終了時、一緒の女性が
「泣いてるのかと思った」と声をかけてたけど、そんなわけあるかよ!1時間43分ずーーーーーーっと泣き続けられる映画なんかあるわけねーだろ!

鼻をすすってた女性? もちろん私は味方です。鼻炎の人にはやさしく。集団訴訟で営林署を訴える時は、同士にならない可能性もなきにしもあらずですしね。
[PR]
by kakkouka | 2012-04-13 12:35 | 映画

カルミナ・ブラーナ問題

近年テレビでは1日に5回以上は流れてるかと。意外に、いまだに曲名を知らない方も多くいらっしゃいます。ところが先週いつもならカルミナブラーナが流れるような扱いでロミオとジュリエットが何度も流れてました。どうやらこれからはカルミナ・ブラーナとの二本立てになるかも?です。
f0161552_1536061.jpg

私が初めて認識したのは映画[忠臣蔵外伝 四谷怪談]のオープニング。
当時は『ちょーカッケー!』と思ったのですが曲名を調べようがなく、曲名がわかったのは随分あとになってからのこと。

今やバラエティーで使い過ぎたためすでに失笑曲に堕ちてるのかも?
ロミオとジュリエットが心配です。
[PR]
by kakkouka | 2012-04-12 02:10 | 映画

パーソナリティー障害

もう一本は黒澤明の[生きものの記録]やっと借りれました。主人公が禁治産者になる物語。めちゃ面白いじゃん!!!黒澤はこんなのもチェルノブイリ以前に撮ってたんだ「パーソナリティ障害」の言葉が生まれるずっと前。知らなんだ。
今テレビ放映するべきだと思うのだけどムリかなぁ…精神病院の中の他の人の描写をカットすれば可能なのでは?あとは株を持ってる人とかの推進派の妨害だけ。

いちばん面白かったのは水爆を怖がってる主人公に一般人のおじさんの台詞
「怖がっても仕方ないよ、難しいことは総理大臣に任せておけば?」効いてる。
公開当時は現実味が無いからと賛否両論だったとか。本当かなぁ。

「水爆3部作」と言っても私が勝手にくくってるだけですが。
いずれも興行的に失敗してるみたいですがこの3本、どれも面白かったです。
f0161552_1321745.jpg

[PR]
by kakkouka | 2012-04-12 02:07 | 映画