フィールドで見かけた虫を採ったり、撮ったり。
by kakkouka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体

伊豆諸島の蝶・昆虫
タイワンツバメシジミ
ヤマトシジミ
ツマベニチョウ
昆虫
その他の生き物
標本
植物
環境・景色
食べ物
気になったもの
ロボット
eco
映画
映画ベストテン
スポーツ
漫画
乗り物
クリックマ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2011 映画ベストテン

今年も面白い作品をたくさん見ることができました。年末ではありませんがもう今年は終わったので、12本観た内のベストテンです。

第1位【ザ・ファイター】
貧困地区で育とうと、回りの家族がどうしようもなくとも、キレイな彼女は真っ先に自分を心配して駆け付けてくれ、義理の父も理解者で、自分はやはり家族を見捨てたりしないサクセスストーリーって…そんなうまい具合に…でも事実をもとにしてる?じゃ仕方ない。文句は無い。イェ〜イ!です。
f0161552_13195483.jpg


第2位【ブラック・スワン】
今年は[ザ・ファイター]と共にダーレン印が強く印象に残った年でした。
f0161552_1320712.jpg


第3位【ソーシャル・ネットワーク】
これ、どう面白いか説明なんかできません。「完成度が高い」も「成功した人の実話」もこの作品が面白い説明にはならない。なので町山さんが「もう観ちゃった人のためのソーシャル・ネットワーク」でこの作品が何をやってるかを、映画より長い解説をしてくれたので助かりました。評論家はこうでなくては!
f0161552_14291396.jpg


第4位【トゥルー・グリット】
復讐劇にしては復讐のシーンが呆気ないのです。なぜならわざとそう作ってるから。父の仇は普通なら極悪非道の人物が出てくるのにこの作品では殺す価値もない人間が父の仇。つまり、聖書の教えを自分に都合よくねじ曲げ復讐するのに我を失ってるから気づきもしない…イタリア人だったコーエン兄弟がキリスト教原理主義者が支持母体でもある某ブッシュ大統領率いるアメリカ人に大好きであろう西部劇を通し「お前らこんなだよ!」とも言ってるのです。(違うかもですが)
これも町山さんの解説がなければわかったかどうかあやしい。自分の解釈を強引に当てはめ過ぎるきらいがある町山さんですが、私の期待は大きいです。
f0161552_13213248.jpg


第5位【スーパー8】
宇多丸さんは「父親同士のエピソードいらなくね?」と言ってましたが、私はもちろん要る派です。クリーチャーの出来は棚上げということで。
f0161552_1321479.jpg


第6位【キックアス】
女優賞はヒットガールのクロエ・モレッツということで。
f0161552_1323022.jpg


第7位【英国王のスピーチ】
冒頭のスピーチが大衆の面前、それ以降は密室を維持。途中、地平線まで王室の敷地で飛行機で降りるシーンがあろうとも霧で密室を持続させラストで解放感を演出する。気が利いておりました。
f0161552_1322159.jpg


第8位【冷たい熱帯魚】
最初の食事のシーンから飛ばしてます。気に入らない所もあります。ラスト、トラウマの原因らしきものを見せた所。まあほんの付け足しだし、全篇素晴らしいので減点には至りません。最初は、う〜んと思った“でんでん”さんですが、みなさんと同じく本年度の男優賞でいいかと。
f0161552_13231441.jpg


第9位【ヒア・アフター】
f0161552_13232445.jpg


第10位【奇跡】
今年の邦画の数少ない傑作の一つ。(たぶん)
九州新幹線開通記念で依頼されて? こんなのが撮れ得るのか? 不思議です。
f0161552_13234272.jpg


次点【八日目の蝉】
これも今年を代表する邦画の傑作。ここまで観る前と観終わった印象が違う作品も珍しい。イカレタような独白のシーンで始まり、生みの母を完全に悪者にし…
なのに描きたいことだけをちゃんと描くからブレなかった。良かっです。
f0161552_13235727.jpg


次々点【モールス】
[ソラリス]と[惑星ソラリス]なんかは別モノでしたが、
[ぼくのエリ]と[モールス]は別モノではありません。合格です。
f0161552_13243965.jpg

[PR]
by kakkouka | 2011-08-22 13:16 | 映画ベストテン
<< よく解らない海方面 [ぼくのエリ]VS[モールス] >>